読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

 

カラスなぜ鳴く(泣く)の?

 

このような冒頭のうたがある。

私がカラスだったら、放っておいてほしいものだ。

 

いつからか、泣いたら負けだと思いがちで、泣いてるときは一人でしくしく泣きたいと思うようになった。

理由はいくつかあるけれど、1番の理由は、涙が溢れでているときは、理性が感情に負け、言葉も上手く出てこないし、自分以外のことは大抵考える余裕がないし、もう、いっぱいいっぱいになってしまうからだ。

だから、なぜなくの?なんて聞いてこないでほしい。

 

しかしとんでもなく捻くれた生き物で、見て見ぬふりをされるととても悲しい。

泣く という行為は、言葉と同じくらい、いやそれ以上の感情表現になるからだ。

 

 

じゃあ、どうすればいいの?

と聞かれても、困ったことに、自分ではわからない。

 

この世には、正解なんてなく、どうしようもないことがたくさんある。その中の一つが、人の心と、心の動きなのでは と思う。

 

日々いやだなあと思うこと、深く傷つくこと、フツフツと湧き出てくる怒り、全部行き場のない、どうしようもないものたちだから、そっとゴミ箱に捨てられたらいいな

 

ちなみに、泣くことと怒ることは、とてもよく似ている。